今月の運勢

令和3年 10月の運勢

10月8日10:39 ~ 11月7日13:59

カルチャーセンター10月期開講

フローリーディング研究所主催、各カルチャー開催分についてはこちら。
→こちらの各カルチャーをタップすると詳細が表示されます。

NEW オンライン講座 今月の運勢とポイント

10月2日(土)20:00~21:30
NEWオンライン講座 今月の運勢とポイント

現カルチャーセンター在籍の方、受講希望の方は2日前までにご連絡ください。
卒業生(初級方位鑑定士・総合鑑定士卒)2,000円
そのほかの方 3,000円

2021年 年盤

10月の月盤

◆六白金星 中宮
◆五 黄 殺  東南
◆暗 剣 殺  北西
◆月 破   東南東
◆天 道   南

~「天」の気が二重に降りそそぐ月~
自分の幸せ・自分の豊かさ
様々な場面での 自分の立ち位置・環境を客観視し
天の気を受け取りましょう

今月は六白金星が中宮の月盤です。年盤と月盤が重なる「重ね月」です。
同系列同会の力強い勢いにのり、今年のテーマを感じるかた、ハッキリ気づくかた、チャンスが訪れるかたがいる一方で、強いエネルギーでバランスを崩すかたもおられるかもしれません。そんな時は自分の優先順位や優先事項は何か、などを考えに産土神社、鎮守神社へ行き、耳をすませて深呼吸して過ごされてみてはいかがでしょうか。
大きな吉方位が取れるチャンスの月です。来年の盤を意識して「南西」「二黒土星」「ご自身の遁甲する方位」を取ることを、計画に入れることもおすすめです。
交通手段、おいしいお店、着て行く洋服、行動する目的、計画を実行するという気持ち、禊祓い、など、準備はよろしいでしょうか?
北西の七赤金星が、年盤・月盤で暗剣殺ですので、飲食店の営業時間や提供情報、交通手段についての情報は事前に確認することをおすすめします。電車の事故、遅延、車の事故など注意が必要です。時間には余裕をもって行動してくださいね。
東南の五黄土星に月破ですので、情報の錯綜や誤情報にも気をつけたいところです。行楽シーズンですので、再び新型コロナウイルスの感染拡大が予想されます。季節の変わり目で乾燥しがちな時期でもあります。新型コロナウイルスの他にインフルエンザや風邪などの対策として呼吸器系や、目、お肌、の保湿ケアをなさってください。
南の一白水星は、月盤に天道がついていますが、今年は火水殺です。もし行かれる場合は、近い距離の場所で、吉方位取りをする目的を明確にし、強い意志を持ち、祓い清めなどの対策を考えた上で実行なさってくださいね。
土取りをお考えのかたは、各神社のルールを確認しマナーを守って、土用期間は避けましょう。どうしても土取りされるかたは、間日を選びましょう。
水星逆行中でもあります。やり直し、見直しを迫られることや、計画の遅延などのトラブルが起きやすいとされています。すでに計画を立てたかたも、感染が急拡大した場合の企画案も準備しても良いかもしれません。無理な計画はせず、出来る工夫をして、吉方位取りを実行する前には最新情報を確認して、「良い気を受け取りに行く」と強い意志を持って実行してください。
今年1番 気運が強まる10月。マスク越しでも、自分も相手側も「笑顔」だとわかるようなうれしくって楽しい時間を過ごしてください。旬の食材を味わって、免疫力も気分も上げていきましょう!

Message

智佳ちゃん。お疲れ様でした。すごーくがんばって今月の運勢に取り組んだことが良くわかりました。
そして、授業で、熱心にメモを取っていたことを思い出し、メモの多さにびっくりしました。
今年の三碧さんは、南西遁甲「努力・準備」の年です。初級方位鑑定士の中では若手の智佳ちゃんです。
来年からの東遁甲から西遁甲(2026年)の好運期を活かせるのも今年の準備も重要です。後4か月を無駄にせず過ごしてください。気学の遁甲一巡を体験することで、次の遁甲へのステップになりますので、記録を毎年つけておくのも良いですね。引き続き授業もがんばってくださいね。智佳ちゃんの成長が楽しみな私です。応援していますよ!今月運勢担当ありがとうございました。(彩祐子)

写真撮影:智佳さん

旅行

新型コロナウイルス感染症が収まらず、遠方への旅行は困難な状況です。混雑を避け、感染予防対策をして ご自身の立場、環境で判断し、笑顔で、近隣の神社仏閣への参拝を楽しんではいかがでしょうか。

今月の凶方位

全員が避けたほうがいい方位

国内

東南(木更津・茂原・勝浦・鴨川 など)
北西(秩父・軽井沢・前橋・長岡・金沢 など)

海外

東南(オークランド・タヒチ・フィジー など)
北西(北京・ヨーロッパ方面)
南西(台湾・インドネシア・シンガポール など) 

*東京(皇居)を拠点にしています

今年の吉方位開運法は→こちら

今月のお勧め方位

ご自身の大吉方・吉方位へお出かけください。

東(目的達成・仕事運・信用を得る・良縁・恋愛、結婚のチャンス)
西(金運・貯蓄・縁談・親戚、知人との交際良好)
北東(栄転、昇進・不動産取得・相続の利・良縁)
北(研究、学習、学問・サイドビジネス・社会活動・家庭運)

※吉方位は月盤で観ています。但し、ご自分の本命星・月命星が入っている方位(中央は除く)と、その方位から見て真向かいにあたる方位は使えません。海外については、年盤で判断してください。

行事・暦

寒露(10/8 10:39)
二十四節気の第17番目。秋もいよいよ本番。秋晴れの日も多くなり、夜は月が綺麗です。
息を吸い込むと喉がすうっと冷えるような、草木の露も霜になりそうなほど、朝晩の冷え込みが進む頃。

スポーツの日(10/11)
日本の国民の祝日の1つ。今年はオリンピック・パラリンピック開催の為、7/23に移動。

神嘗祭(10/17)
その年に収穫された新穀を最初に天照大御神にささげて、御恵みに感謝するお祭り。神宮の恒例のお祭りの中でも、最も重要なお祭り。

十三夜(10/18)
十五夜に次いで美しい月とされ、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれ日本固有の風習。
陰の象徴である月は「お陰さま」に通じると考え感謝の意味も込めてお月見をするようになったという説も。
十五夜・十三夜・十日夜の3回ともお月見をすると縁起が良いとされている。

秋の土用(10/20 13:26 ~ 11/7 13:59)
五行説による季節の割り振りで、立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日ないし19日を指す。
土用の期間は、土公神(どくじん)といわれる土を司る神の支配する時期とされ、土を動かす作業を忌む習慣があった。間日の間は土公神が地上を離れるので土を動かしても問題ないとされている。
★間日(10/26・10/28・10/30)

霜降(10/23 13:51)
二十四節気の第18番目。秋が一段と深まり、寒い地域や標高の高い土地では、朝霜が見られる頃。山々は紅葉に染まる。日が短くなったことを実感できます。

ハロウィン(10/31)
毎年10/31に行われるヨーロッパを発祥とするお祭り。現在では本来の宗教的な意味合いはほとんど失われ民間行事として定着している。

文化の日(11/3)
日本の国民の祝日の1つ。明治天皇の誕生日にあたる。「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている。皇居で文化勲章の親授式が行われる。

一粒万倍日:10/13・10/16・10/25・10/28
「一粒の籾(もみ)が何倍にも成長して大きな利益をもたらす日」
何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。

天道・天徳 :
天の運行に従い、天の福徳に沿わせる方位。吉方の気を扶助し、凶の気を転化する。10月の天道は南。

◆天赦日:10/27
年に4〜6回ある「天が全てを赦してくれる最上の開運日」でよろづよし(すべての物事によい)と言われる最高の
素晴らしい日。この日に始めたころは成功するとも言われている。

水星逆行期間: 9/27 ~ 10/19
新月:天秤座 10/6  20:07
満月:牡羊座 10/20 23:58

満月の大祓い会:第180回 満月の大祓い会 10/20(水)10:00 ~ 12:00 
重ね月前の大祓い講座(新バージョン):10/9(土)9:30 ~ 12:30 

今月のパワーストーン

★各自オーダーメイドのパワーストーンになります。
方位除け、自身の干支の守り本尊、空亡時の守り本尊など彫水晶からお選びください。ご相談ください。

*個人のブレスレットオーダー方法

①方位除け四神をいれるか?  ②トップありにするか?
③自身の願望の石にするか? 自身の本命星の石をいれるか? など

各九星の開運のポイント!

ご自身の本命星から、今月の運勢を観てみます。
→ご自身の本命星を知るにはこちら

印の意味
大吉◎◎ 中吉◎ 小吉○ 吉凶混合◎× 凶△ 大凶×

一白水星 ◎×

評価と啓示を受け止めて自己採点を

南 同会1 被同会1(天) 対冲2 

光で真上から照らされた状態で、良いことも、そうでないことも全てが明らかになる時。目に見えたり、心で感じた事を書き出し、今までと違った視点で物事を捉えてみてはいかがでしょうか。天道効果でうれしい新発見があるかもしれません。南遁甲は「離合集散」の時です。新型コロナウイルス共生の社会の中、身の回りの環境が大きく変化する事があるかもしれません。「離」の作用で捨てられなかった物や、気持ちが手放せる時です。ダイエットにも効果的です。印鑑を押すのはNGです。吉凶割れる運気でも適応力でうまく乗りこなせると思いますが、健康に慢心せず心身のメンテナンスをお願いいたします。
産土・鎮守神社の参拝。大祓い。神仏先祖三位一体の祝詞。

南の場所、台所(特にガスレンジ・換気扇)の掃除。 

二黒土星 〇

内面を充実させる絶好のチャンス

北 同会2 被同会2 対冲1(天)

先月の南遁甲で得た「評価」を基に自分を省みて、今後どんな事柄が手に入ったらうれしいか、自分のために役立つかなどを考え分析するのに良い時です。本来の勤勉さが増し、スキルアップのための勉強や、知識の吸収など、自分磨きをすると充実感を感じられる月です。「好きな物事」や「イヤな物事」だけをメモしておいて時間が作れた時にまとめて、四行日記や、やることリストを作成するのも一案です。北遁甲は健康管理が必須です。体を保温し、消化器系・腎系をいたわってください。気持ちが塞ぎがちになった場合はストレッチなど、体を動かす内容の気分転換がおすすめです。
産土・鎮守神社の参拝。自神拝。健康の祝詞。新次元人類の祝詞。潜在能力活用法。
北の場所、水回りの掃除。

三碧木星  〇

粘りと根気力を養い、自信を育てて

南西 同会3(破) 被同会3 対冲9

南西遁甲は準備・基礎作りの場所です。うまくいっていないことを、どうやったらうまくいくようになるかを練る時です。やりたいことを最後までやりぬく根気、コツコツ積み重ねていく努力を身につけるタイミングです。将来、どんなことや、環境とご縁を結びたいか、そのためにはどんな自分であると良いのか、明確にするのもポイントです。今後のための準備として東の吉方を取っておくことをおすすめします。今年の歳破対策、来年のスタートにも、自分の波動を上げることで邪魔が入りにくくなるので「祓い」は重要です。健康面では、疲労の蓄積、消化器系、皮膚疾患に注意です。 
産土・鎮守神社の参拝。大祓い。家族の祝詞。仕事の祝詞。宿命・運命清め改善の祝詞。
裏鬼門(南西)の掃除。妻の部屋の掃除。台所の掃除。

四緑木星 ◎◎

スタートをするのにふさわしい月

東 同会4(天) 被同会4 対冲8

準備してきたことは自信を持ってスタートをしてください!全てのことに積極的に取り組むと予想以上の効果が期待できます。今年すでにスタートしたかたも今一度スタート時の気持ちを思い出し周囲を確認してみてください。進むことに夢中で前ばかり見ていると、足元が疎かになりますので、人と人との和・縁を大切になさってください。真心で人に尽くすことで更に良縁が引き寄せられてきます。この遁甲での引き寄せは全て自分の行動の反映です。トラブルや健康面で心配事が起きた場合は慌てず騒がず。信頼のおけるかたに相談しましょう。信用・信頼が基盤の月。今までの人間関係力がものを言います。
産土・鎮守神社の参拝。猿田神社に祈る。大祓い。開縁力。自神拝。言霊開運法。
東の場所。玄関の掃除。息子の部屋の掃除。

五黄土星 ◎×

上縁・貴人の縁を掴もう

東南 同会5 被同会5(破) 対冲7(暗)

東南遁甲は目先の損得ではなく将来に渡ってのご縁や上縁・貴人の縁を得られる時です。人生を変える出会いがあるかもしれません。良縁をキャッチする・ご縁を広げる・整える・活かす・見直す。人それぞれ取り組むことには違いがありますが、何をすれば自分の人生が豊かなのかと考えそのご縁を選び取ってください。しかし月破ですので縁の選択を慎重に行わないと裏切り・詐欺・誤情報の受発信などトラブルの可能性もあります。健康面では、流行性疾患、呼吸器系疾患には特に注意です。感染症対策も怠らないように。お出かけの際には水筒にお気に入りの飲み物を入れたり、アメやミントタブレットで喉を潤すなど対策をお願いいたします。
産土・鎮守神社の参拝。禊祓い。開縁力の祝詞全般。自神拝。宿命・運命清め改善の祝詞。 
東南の場所。仏壇・神棚の掃除。庭・玄関の掃除。娘の部屋の掃除。 

六白金星 ◎×

吉凶割れる。自分の成すことを自覚する

中央 同会6 被同会6 対冲なし

心身ともに充実し、これまでに実力を蓄えてきたかたは大輪の花を咲かせることができるでしょう。中央遁甲の時は多くの事柄、要求を引き受ける傾向にあるので過労でダウンしないよう優先順位をつけて選択も必要な時です。リーダーシップで周囲を促したり引っ張っていく力を発揮してください。自分のためではなく社会のためこそが花をより輝かせられるので周りのかたを信頼し楽しませることでご自身もパワーアップしますので笑顔でお過ごしください。健康面では、多忙からの不調、病気の再発、ガン、細菌による疾患に注意です。禊祓いはどんなに忙しくても意識して取り組みましょう! 
産土・鎮守神社の参拝。表裏鬼門結界神社の参拝。一の宮の参拝。
部屋の祓い・清め。大黒柱・床の間を磨く。トイレは毎日。排水口の掃除。

七赤金星 ◎×

引き立てのチャンスを見逃さないで

北西 同会7(暗) 被同会7(暗) 対冲5(破)

神仏先祖の加護・後押しが最も働く月。とくに先祖・仏様とのつながりが強いので、お墓参りや菩提寺へ行き、思い・願いを伝え、神仏を敬い感謝しましょう。「引き立てを受けられる自分」であるように過ごすことと、自分に合った「何か」がいただける時に、来たことに気づかないともったいないのでそのチャンスを見逃さないためにも「遊び」は大事です。「遊ぶ、休むも仕事のうち」と考えスケジュール管理をされてみてはいかがでしょうか。ダブル暗剣ですのでケガ、対人関係、気が緩むことでのミス、交通事故、機械や刃物でのケガ、誹謗中傷に注意しましょう。今まで築いてきたことで得た信用や地位を失う事態にならないようにしっかり確認してください。ほかに「凶」の事柄が起きた場合、前世・先祖・お墓に関することの見直しをおすすめします。
産土・鎮守神社の参拝。表裏鬼門結界神社は子の遁甲の前に参拝。自神拝。宿命・運命清め改善の祝詞。
お墓参り。菩提寺・総本山の参拝。北西の場所。仏壇・神棚の掃除。ご主人の部屋の掃除。倉庫の掃除。

八白土星 ◎

感謝をあらわし、自分を褒めて一息つく

西 同会8(天) 被同会8 対冲4

これまで積み上げてきた努力の成果をしっかり収穫する月です。「おかげさまでありがとうございます」と心からの感謝を応援してくれた・支えてくれたかたに伝える時です。そして成果が自分にとって満足出来るものか、自分が欲しかった収穫内容・量なのかを確認し反省やこれからのステージアップに備えて準備することもおすすめです。もっと頑張ろうと思ったかたも今月は一旦休憩し、心身のケア・自分を助ける学び・必要なモノの購入などご自身に投資されてください。健康面は、関節、腰、ノド、歯のケアを。
産土・鎮守神社の参拝。表裏鬼門結界神社の参拝。御礼参拝。開縁力。金運の祝詞。自神拝。
西の場所。水回りの掃除。

九紫火星 ◎

変化を伴って大きな成長を感じる月

北東 同会9 被同会9 対冲3

今後の人生に大きな影響をもたらす「人生改革」「自己成長」のチャンスです。起死回生・切り替えのチャンスの場所ですので西遁甲でうっかりしたかたも、前向きに向上心を持ち、内面の充実と強化をなさってください。自分の生活になかった新しい物事を吸収したり、ご自身の専門分野を補強することも、これからに必要な能力を養うということになります。健康面では、変化の時だからこその悩みや迷いが生じることもあります。北東遁甲の時には、守護の力が増します。良くないことが起きた場合はご先祖様からのお知らせです。改善に取り組んでください。
産土・鎮守神社の参拝。表裏鬼門結界神社の参拝。お墓参り・菩提寺・総本山参拝。加護仏閣。
前世、先祖に関する祝詞。宿命・運命清め改善の祝詞。新次元人類の祝詞。大祓い。自神拝。
表鬼門(北東)の掃除。階段、廊下の掃除。トイレの掃除は毎日。

編集後記

初めて今月の運勢の担当をいたしました。私は池袋コミュニティカレッジで2019年の春、中村先生の講座を受講させて頂きました。すぐの5月に新元号・令和になり、2020年の春。新型コロナウイルスの世の中になりました。先生の声に惹かれて習ってみようと思いました。
今月の運勢を、書く!なんて初受講の時には少しも思っていませんでした。どんなことでも「続ける」って大事なことだと気づきました。運勢を書いてみて伝えるって難しいと思いました。でも先生は毎回私にもわかるように伝えてくださって、改めて先生のすごさと奥行きの深さを実感しました。
今月の運勢を担当させていただきありがとうございました。

担当:カワノ 3-5-1-西

あなたの九星を調べてみましょう

下記の表で、ご自分の生まれた年の一番上の星があなたの本命星です。
※旧暦で見ますので、1月1日から2月立春(2月3日、4日、5日)までに生まれた人は、その前年の星が本命星になります。
(例:昭和50年1月28日生まれの方→八白土星)
立春は毎年日にちと時刻が異なりますので、2月3日、4日、5日生まれの方で、ご自分の正しい本命星をお知りになりたい方は、お問合せください。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年
昭和2

1926年
昭和1
1925年
大正14
1924年
大正13
1923年
大正12
1922年
大正11
1921年
大正10
1920年
大正9
1919年
大正8
1936年
昭和11
1935年
昭和10
1934年
昭和9
1933年
昭和8
1932年
昭和7
1931年
昭和6
1930年
昭和5
1929年
昭和4
1928年
昭和3
1945年
昭和20
1944年
昭和19
1943年
昭和18
1942年
昭和17
1941年
昭和16
1940年
昭和15
1939年
昭和14
1938年
昭和13
1937年
昭和12
1954年
昭和29
1953年
昭和28
1952年
昭和27
1951年
昭和26
1950年
昭和25
1949年
昭和24
1948年
昭和23
1947年
昭和22
1946年
昭和21
1963年
昭和38
1962年
昭和37
1961年
昭和36
1960年
昭和35
1959年
昭和34
1958年
昭和33
1957年
昭和32
1956年
昭和31
1955年
昭和30
1972年
昭和47
1971年
昭和46
1970年
昭和45
1969年
昭和44
1968年
昭和43
1967年
昭和42
1966年
昭和41
1965年
昭和40
1964年
昭和39
1981年
昭和56
1980年
昭和55
1979年
昭和54
1978年
昭和53
1977年
昭和52
1976年
昭和51
1975年
昭和50
1974年
昭和49
1973年
昭和48
1990年
平成2
1989年
平成1
1988年
昭和63
1987年
昭和62
1986年
昭和61
1985年
昭和60
1984年
昭和59
1983年
昭和58
1982年
昭和57
1999年
平成11
1998年
平成10
1997年
平成9
1996年
平成8
1995年
平成7
1994年
平成6
1993年
平成5
1992年
平成4
1991年
平成3
2008年
平成20
2007年
平成19
2006年
平成18
2005年
平成17
2004年
平成16
2003年
平成15
2002年
平成14
2001年
平成13
2000年
平成12
2017年
平成29
2016年
平成28
2015年
平成27
2014年
平成26
2013年
平成25
2012年
平成24
2011年
平成23
2010年
平成22
2009年
平成21