フローリーディング研究所
トップページ
講座ガイド
入門講座・初級講座
鑑定士資格取得講座
研究科講座・講師養成講座
資格取得者一覧
吉方位開運ツアー
個人鑑定
企業法人鑑定
フェニックスアイ
フローリーディング企画講座
「本年のテーマ講座」
フローリーディング企画講座
「神道関連講座」
満月の会
新月の会
産土神社開運法
神道/産土神社リサーチ
神社・寺院リンク集
ヒプノセラピー
満月のお告げ
祈祷祭
M&Mアクセサリー
今年のパワーストーン
アクセサリー展示会
パワーストーン企画商品
fxwill.com
 
今年の運勢

フローリーディング研究所 2016年今年の運勢象意説明会1月16日・20日両日行われたフローリーディング研究開催「今年の象意説明会」で配布しました資料一部を抜粋して掲載します。
専門用語が多いですが「今年の運勢」のご参考になさってください。 「今年の気運」を捉えて、健康であり、新しい年に向けての努力、行動が「未来」を創っていきますように共に歩んで行きましょう。
1/16、1/20両日、今年の運勢象意説明会も無事に終了しました。ご参加の皆様ありがとうございました。
(ホームページ掲載は配布資料の一部です。)

1月25日から始まりました各カルチャーセンターでの「運勢講座」も残す所5か所ですので、よろしくお願いいたします。
・2月4日(月)10:15〜11:30 
 今年の運勢と開運のポイント
 西新宿カルチャーセンター TEL: 03-5338-6711
・2月9日(土)13:30〜15:00 
 今年の運勢と開運のポイント
 ひばりヶ丘カルチャーセンター  TEL: 042-421-4511
・2月23日(土)13:00〜14:30 
 今年の運勢と開運のポイント
 南砂町カルチャーセンター TEL: 03-5632-8011
・3月9日(土)13:00〜14:30 
 今年の運勢と開運のポイント
 よみうりカルチャーセンター恵比寿 TEL:03-3473-5005
・3月12日(火)10:30〜12:00
 今年の運勢と開運のポイント
 よみうりカルチャーセンター北千住 TEL:03-3870-2061

「天命天職 自身をプロデュース」はこちら
下記ツールがダウンロードできますのでお使いくださいね。
年間計画ツール
ライフプランツール
満月新月ツール など


本年2019年己亥(つちのとい)八白土星(はっぱくどせい)中宮の年

己亥(つちのとい)八白土星(はっぱくどせい)中宮の年の示す「2019年の年盤」

今年の年盤暗剣 北東(二黒土星)
五黄 南西(五黄土星)
歳破 南南東(七赤金星)
天道 南(丁)・北(癸)
恵方=甲の方位 

本年2019年己亥(つちのとい)八白土星(はっぱくどせい)中宮の年のテーマは?

〜 2019年「新生の時代」天命・使命が発動する 〜 時代の変化を見極めよ。自己改革のチャンス!中心軸をもってポジティブに挑戦しよう!

■2019年は、「己」「亥」「八白土星」の象意を顕す年。
・継目 変化 蓄積 整理 結着 連結 革新 停止 再開 発動
・繁茂した草木が成熟して、まさに実を結ばんとする興起の時を象徴
・万物創生の骨格(芯)にあたる、つまり自然の全てが次の世代へ引き継ぐ種となる周期を迎える

■2019年は、新しいスタートからの6年目。いよいよ「新生の年」天命・使命が発動!
*「天皇退位」「新天皇即位」

■2019年は、次世代へ引き継ぐ“種”の誕生
*これからの時代を担う若者達が各分野で現れ注目を集めていきます
*新旧交代現象

■2019年は、政治においても大きな改革と改善が必要な時
*新内閣誕生となるか?
*アメリカ 東南アジアとの関係に問題が生じる

■2019年は、個人においても大きな変化と改革が求められる時
*時代の変化を見極めましょう。
*中心軸をもって、ポジティブに挑戦しよう!

■2019年は、世界が激震する事件や事故の多発する危惧
*表鬼門(二黒暗剣) 裏鬼門(五黄)中央(八白)という土氣が斜列の為(自然)災害・人災・事故の多い年
・異常気象(特に猛暑)・突発的な災害 水害、火災、人災と地震の発生しやすい周期
・安全対策の強化 ・危機管理体系の構築化

■2019年は、「吉方位取り」を積極的に行って、天地の氣をしっかり受け取りましょう。
 と同時に「産土神社開運法」を土台に、神道メッソドを行いましょう。

■2019年は、「禊祓い」は一霊四魂の活性化へクリアーな自分と環境をつくり、波動をあげ、選択力を高めます。
*大祓い 自神拝に取り組もう!

■2019年は、引き続き、前世・宿命・運命が清まる期間。「大いなる意志」を感じ取ろう!
・自己改造(前世から来世 霊的 または遺伝子改造)の大チャンス!

2019年 今年の各九星開運のポイント

*前記述の遁甲の過ごし方を参考に月別の目標とポイントを年間プロデュースツールへ記載してください。
*毎月HPに掲載される、「今月の運勢」も参考になさってください。

2017年 各九星別 気運の遁甲

各九星開運のポイント

♡ :恋愛運 ★:来年に向けてのポイント

一白水星

自身の感性を活かし、「新生の時代」の流れに身を委ね「喜び」を伝えてください。 “お陰様でありがとうございます”!成果=報酬の時 社交範囲を拡大して「貴人の縁」を掴もう!

自らの星が社交的活動、言動とお金の流れを示す西(兌宮)に回座。本宮には信頼関係や取引交渉事、良縁を司る四緑木星が巡る一白水星さんにとっての2019年は、社交面に力を入れて、人脈の強化を図る事が、今まで自身が築いてきた事を活かせる「新生の時代」になります。いつも悩んでしまい、スタート力に欠ける一白水星さんですが、今年は自身の感性を活かして、「新生の時代」の流れをいち早く感じ、「分かちあう喜び」を周囲の方々に伝えてくださいね。

今まで手掛けてきた事柄に良い結果を得られ安定し心身にも余裕ができ、公私共に活気づき、貴重な出会いと応援が得られます。積極的に人との交流をはかり、人間関係を広めていきましょう!その中でも大きな気づきが得られる、まさに人が自分を育ててくれる時でもあります。

金銭面においても大きな入出金がある時です。金銭管理が大事な時ですが先を観ての投資と今までお世話になった方々への感謝は忘れずに。社交面が活発になれば思いがけない形で出費もあるので、収支のバランスも工夫が必要ですね。

また、盛運過ぎれば、衰運に向かうべき時でもありますが、今期は今までの自身に労いを与え、心身を休める事も大事な時です。秋の収穫を歓ぶと同時に神仏への感謝、今まで自分を支え導いて下さった方々への感謝を示してください。自分が頑張るのではなく、周囲を信じ、委ねるところもあって良い年です。「自力と他力」のバランスを養う時でもありますね。

健康面では飲食の席が増えます。暴飲暴食にならないように。疲労が極地になる人も、身体を緩ませる事も必要です。栄養バランス,睡眠,運動など今までの健康管理の見直し、心身へのメンテナンスは必須!(自身の健康に対しての過信は禁物です)歯の治療もお勧め!

産土・鎮守神社への感謝を忘れずに。また、2020年に向けての良き変化の運を導いて下さるように祈りましょう。日拝,自神拝,大祓いと心の彩度を上げて大いに自分自身を褒めて、労いましょう!自身と周りの人、ご先祖様へ感謝を捧げましょう!表・裏鬼門結界神社、巡る結界法もお勧めです。

♡ モテ期突入、出会いのチャンスが多い年。イベントやサークル活動には積極的に参加して交際の輪を広げましょう!周囲の人には結婚願望を伝え、前向きに行動することで縁がまとまります。優しさと気配りがポ イントです。

★今年は、実りの秋の収穫の時です。しっかり受け取って下さい。頑張ってきた自分に労いと感謝と自身を褒め讃えてくださいね。周囲の方々への感謝と歓びのお裾分けができたら良いですね。来年の変化運に 備えて心身のバランス調整。2019年「新生」の気をしっかり受け止め2020年の変化運で自己改革・自己解放・脱皮を!今期は北東対策を忘れずに!

易経からのアドバイス

易経60 水沢節(すいたくせつ)
水沢節足るをしって、節度・節制・節操を旨とせよ。自分の立場を守り、すべて節度あるように心がける時である。四季の循環を見本とせよ。生活習慣を改めよ。「神・仏・先祖」の開運法を行え。

【キーワード】限界
〔大意〕人間の精神は無限ですが、肉体には限界があります。この卦における限界は、大自然の中で生かされている人間の物理的限界を暗示しています。これはまた、節度をもって生きたければならないということでもあります。

ほどよく行なえば無理なく通り、持続性があるが、過ぎれば限界にすぐぶち当たる。日常生活の技術、人間関係は節度が大切です。しかしこういう解釈はいわば易の一般的なもので、潜在理論の方から説明するといささか異なった趣きのものになってきます。
たとえば、限界というものはたしかにあるが、それは人間の肉体、すなわち三次元の限界であるにすぎない。われわれの精神はもっと自由でもっと可能性があるものだ。その可能性を最大限追求することこそ生き甲斐ではないか。

限界を知ることは限界を乗り越えることである。たとえばオリンピック競技では、開催されるたびに新記録というものが出る。もし新記録がこんなに出なかったとしたら、オリンピックなどとうの昔に消えてなくなっていたでしょう。
わたしたちは想像することにおいて無限だが、物理的にも無限と見ることができる。これは限界を知ることで限界を越えるという意味で、肉体的限界と矛盾はしない。現実にある限界は、人間が自分で「限界である」と思ったことで限界になっているのであって、そう思わない人にとっては限界などはないのかも知れません。

また、世の中には奇跡とか超能力としか呼べないような不思議な、ほとんど常識に反するような出来事がいくらでもある。これなども潜在意識の偉大な働きを知れば不思議でもなんでもない。当然のことです。わたしたちが限界を知る必要があるのは「それを乗り越えるためである」と思うべきです。

2019年 一白水星 気運の遁甲
一白水星 気運の遁甲

二黒土星

「新生の時代」に突入!変化を素直に受け入れて、現状を打開し、前に進もう!

自らの星が、改革改善、家族や内面の充実と強化を示す北東。表鬼門(艮宮)(暗剣殺帯同)に回座、本宮には生・死滅を司る五黄土星が巡る二黒土星の2019年は変化や変動のある時期で、人生、運気の分岐点の年です。不測の事態や様々な場面の制約や抑圧を受けることもあるでしょう。今期は「頑固」「意固地」は手放して、常に刻々と変化する状況に「前向き」「柔和」に対応する心構えが必要です。

自分の人生を振り返り、マイナスの要因を取り除くことです。多くあるものを減らし、少なくて足りないものを補い、ある意味「平にする」ことをTRYしても良いかもしれません。
社会生活・家庭生活において、変化があり、感情のコントロールが難しく、焦りからの衝動的な対策はダメージを受けそうです。また、言葉使いにも配慮が必要な時です。内面強化に力を注ぐ、専門分野を補強することも一案です。執着は百害あって、一利なしです。あまり過去に捕らわれず視点を変える工夫を心がけてください。
 
「新生の時代」に初めて訪れる「二黒土星さんの変化」は今後の人生に大きな影響をもたらす「人生改革」「自己成長」のチャンスです。自分の生活になかった新しい物事を吸収するチャンスの時でもあり、これからの人生に必要な能力を養う時でもあります。
「人の縁」「選択」「タイムスケジュール」も重要なポイントになります。

健康面では変化への対応に備えての心身のバランスは今年一番で気をつけたいこと。プラス情報収集と予測の打ち立ても大事!自分流ストレスの解放を見つけ、生活にメリハリをつけ楽しむことをみつけてください。腰痛、関節炎。交差点、階段、山での事故など注意。慢性的な病気を抱えている方は急変の暗示もあります。暗剣帯同ですので、怪我にも注意。周囲の言葉にも意外と傷つく事もあるかもです。

親族や家族関係の相続関係の話は論争に及ぶ可能性もあるので、第三者を交えて冷静な対応を臨んでください。

自神拝,大祓い。吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れてください。変化の時には、良い導きを下さり、守護の力が増します。日拝も運身の清めに効果的です。北東対策を怠らず。
吉方位取りと神道関連メソッドの活用。墓参り、先祖供養。前世、先祖への祝詞奏上。

♡♡ 変化の時だからこそ、恋愛運にも変化が。遠距離恋愛や離別、恋敵出現も。結婚も大きな人生の転機!結婚移動の際はもちろん吉方位での移動を!気の合う仲間同士でリフレッシュな時間を持って、出会いのチャンス到来を期待したいですね。今年も結婚に向けての最大チャンスの時です。

★2019年の変化運で自己改革・自己解放・脱皮を!2020年は顕現、評価の年。2019年「新生の時代」に、大きく変化したことは今後の人生においての分岐点となるでしょう!

易経からのアドバイス

易経15 地山謙(ちさんけん)
地山謙何事にもこころがける。慢心せず、謙遜・謙譲を旨として、柔和の心で、相手を認め、許し、自分を認め、許す。

【キーワード】謙遜、柔和な人
〔大意〕謙(けん)は謙遜の意。つねにへりくだって人と付き合えば物事はうまくいく。しかし、ここでいう謙遜、へりくだりは卑屈ということではありません。卑屈は、表面的に謙遜しているごとく見えながら、実は謙遜などしていない。自己の欲や打算、コンプレックスの裏返しがとらせる態度です。
卑屈には心が正しくないところがある。真の謙遜は相手を認め、また自己も認めてもらおうという円滑な人間交流をするための基本的態度です。「謙遜は栄誉に先立つ」というバイブルの言葉、「ほんとうの謙遜は、まず何よりも真理を尊重する。つねにそれを受け入れるのにやぶさかではない。その謙遜のむくいは富であり、栄誉であり、より豊かな生活である」といっています。

また、この卦のキーワードとして柔和な人をあげているが、これは潜在意識がもっともよく発揮できる人のイメージです。「柔和な人はさいわいである。彼らは地を受けつぐだろう」地とは現世であり、受けつぐとはあらゆる意味での成功を示しています。

実際、柔和な人は幸福な人である。現代はストレスの時代であり、わたしたちはますます柔和な顔を失いつつある。謙遜する前に自己主張をする。それももい自己主張ならばいいが人をやりこめてでも、押しのけてでも目立ったほうが得だといった考え方が大勢を占めている。
こんな時代に謙虚だ、柔和だ、では時代に遅れると思う人もいるでしょう。しかし賢明な人は知っているのです。謙遜が栄誉に先立つことを、柔和がいかに人を動かし、自分にとってプラスをもたらすかを。

2019年 二黒土星 気運の遁甲
二黒土星 気運の遁甲

三碧木星

「新生の時代」において、何を「自己表現」するかは?注目の的!「新生の時代」の先駆者として果敢に行動していくでしょう!

自らの星が南(離宮)「明るく照らしだす」ことを意味する南に回座し、本宮には活動力とリーダーシップを司る六白金星が巡る三碧木星さんは、良いことも悪いことも表面化する年です。これまでの努力が実って世間から高い評価を得て脚光浴びる人、秘密が露見して苦しい立場におかれる人と吉凶われる運です。全てにおいて、一挙手一投足目立つときです。南遁甲を活かして、知力や閃きも冴える時なので自信のあることには積極的に取り組んでください。自分の本道を極める領域にいきつくこともあるでしょう!

また、南遁甲は「離合集散」の意味があるため、人間関係の新しい出会いや親しい人との離別も考えられます。2019年も2018年に引き続き変化を伴う年となりそうですので、「変化の選択」「ここ一番」というときに、集中力を発揮して、「ベストカード」を引いてください。そして、その感性・感覚を活かして、「新生の時代」の先駆者として、「本気」で行動してください。

今期は、文章契約印章事、印鑑、通帳の取り扱いは慎重に。また、契約書や文書のやり取りにも注意が必要です。早とちりや思い込みで、誤解が伴い、相手との信頼関係にひびく可能性もあります。
「報告 連絡 相談 (ほう れん そう)」「怒らない 否定しない 助ける 指示する (お ひ た し)」を業務の上では心がけてください。

健康は、良好ですが自然と無理を重ねる傾向があるので働き過ぎ、健康に慢心せずに早い時期に人間ドックを受けてください。早期発見・早期治療です。眼と心臓、乳房の疾患には注意です。ダイエットも効果的な時期です。

ある意味神様に近づく時です。産土・鎮守神社に真摯に祈りましょう。そして、日拝,大祓い,自神拝は邪気をはねのけ、南遁甲ならでの潜在能力を上げる後押しになります。神社参拝の中で新たな発見も見いだせるかも。

♡ ラブ運は急上昇!ストレートな告白は意外と相手の心を動かすかも!離合集散の時期ですから、悪縁切りしやすい時です。本当に大切な縁を求めてくださいね。

★知力が冴える時だけに未知の分野の挑戦もgood!知識と情報を仕入れ、運気を味方に行動を!更なる変化でバージョンアップしましましょう!今までの9年間の積み重ねの評価と受け止め、自分自身を讃え、周りに感謝してくださいね。思わぬ展開になった方は自己反省と分析を。。。2020年は内需に力を。更なる自身のステージアップの為に!

易経からのアドバイス

易経21 火雷噬こう(からいぜいこう)
火雷噬こう活動力と明知(智慧・洞察力)で、決断せよ。決断したら、すみやかに行動して現状を全力で打破せよ。場合によっては、断固たる処置をすることである。悪い習慣を改め、良い習慣を身につけよ。神仏・先祖の加護を受けよ。

【キーワード】かみくだく
〔大意〕噬コウは「噛(か)みくだく」「噛み合わす」という意味です。いずれにしろ噛(か)むのですから、積極的な行動をしなくてはならない。この卦は、現状を打開する必要があり、そのためには大いなる努力が必要だということを暗示しています。
同時にその行動は公正、正義に基づいていなくてはならない。そうでなければ現状はより悪い方向へと傾斜していくでしょう。現状打開という点で、もっとも大きな問題は習慣です。多くの良くない状態は、悪い習慣によって形づくられている。いまはそれを打破することが必要なときです。
習慣の大切さについてマーフィー博士は次のように述べています。「習慣は潜在意識に大きな影響を与えます。良い習慣を身につけなさい。良い習慣は良い人生の道案内をしてくれます」

実際にわれわれの思考も行動もその大半は習慣の産物です。習慣は第二の天性といわれるのはそのためです。しようと思っていてもすぐにそれができないという怠惰さは身についてしまえば、その人の悪い個性となり周囲に迷惑をかけます。
この場合、それが良くないことを知っていても何の役にも立ちません。その習慣を改めるしかないのです。では悪い習慣から脱却するにはどうしたらいいか。それは悪い習慣に対する否定的イメージを描くことではなく、その習慣を克服した自分の良いイメージを描くことです。あせって克服しようとするよりも、何も考えずに具体的な行動をしてみることです。固い食べものを食べるには、噛みくだかなくてはならない。それがいやだといって食べないでいればいつしか本当に噛みくだくことができなくなってしまう。いまは肯定的イメージで具体的に行動することがいちばん大切なときです。

2019年 三碧木星 気運の遁甲
三碧木星 気運の遁甲

四緑木星

「新生の時代」に必要と思われる思考力に力を入れて、知識の吸収やアイデイアを練って、2020年に向かおう!

自らの星が北(坎宮)に回座、本宮には社交性悦びを司る七赤金星(歳破帯同)が巡る四緑木星さんは、内面の充実と成長を目指す2019年は充電の時と心して無理をしないことが賢明です。「2019年の開運法」を行い、波動を下げないようにしてください。「新生の時代」に必要と思われる思考力に力を入れて、知識の吸収やアイデイアを練るには良い時です。スキルアップの為の勉学は大いになさってください。「自分を磨いて、次の10年に備える準備期間」としてプラス思考での努力をしましょう。

今年の1年の過ごし方が今後の未来に大きな影響を与えることを肝に命じて、ライフスタイルを見直し自分の人生をプロデュースなさってくださいね。自身のエネルギーのコントロールと向かう先を絞ることが今期の課題ともいえます。

日常的では、義理人情に絡まれて苦労したり、大事の前に体調不良だったり、過ぎた事でクヨクヨしたりと不本意な自分に自信を無くす場面もあるかもです。責務は優先順位を決めて対処すること。何事も理性的に対処し、対人関係は常に細やかな配慮を心がけましょう。ただ、今年は被同会七赤金星(歳破帯同)の影響もあり、対人関係の配慮に欠けたり、詰めが甘く、「まぁ、いいか。しょうがないわ〜。」 で、あなたらしくない一面も。ここは、自分を客観的に観察していく事も必要です。「四行日記」をお勧めします。必要なことはメモを取り、必ず確認作業を忘れずに、丁寧に事を進める事。自分の力を過信せずに今の自分の分を知り、断る勇気も大切です。大宇宙の偉大な力、あるいは自己の潜在意識への全幅の信頼を忘れずに乗り切りましょう!

健康面も注意が必要です。身体を冷やさず疲労やストレスを貯めこまない工夫をしてください。今年の病は長引く傾向にあります。早期発見早期対策を心掛けてください。無理をせず焦らないことです。水難、交通事故、下腹部や腎臓系にも注意。今年を乗り越えれば運気は上向きになります。また、妊娠の時ですので「できちゃった婚」も想定内です。(妊娠する前に冷静に相手を選んでくださいね)

年間通して吉方位取りと神道メソッドの活用を。産土神社,鎮守神社,表裏鬼門結界神社の参拝。大祓い,自神拝などにも取り組んで、心身の浄化、一霊四魂の活性化をなさってください。日拝・自神拝、自神拝2 潜在能力活用は特に効果的です。信心を怠らずです。(困った時の神頼みにならないように)

♡ 弱っているときには判断ミスも!(浮気、不倫、ストーカーに注意を)
深い関係になる時期ですので段階を踏みながら愛を深める。「友達以上恋人未満」を標語に。
復縁はチャンスあり。相手の方位には注意!カップルは、妊娠のチャンスあり(家族計画をなさってください)

★今年は今後の10年間を見据えての行動,計画,健康管理の時です。今年1年は「新生の時代」新しい未来に向けての礎と理解してくださいね。大きな意識転換や価値観の変わる人もいるでしょう!神仏開運法と禊祓いを行ってください。2020年は発進準備期間です!

易経からのアドバイス

易経48 水風井(すいふうせい)
火雷噬こう水のいき方を心がける。自分と相手を励まし、なぐさめ、しっかりほめること。新陳代謝が必要であるから、自分や組織の“内部の力”を見直せ。人を助けて上げられるだけの実力を養うことだ。植物思考で、育てる。

【キーワード】井戸
〔大意〕この井戸というキーワードはいろいろな解釈ができます。「井は、邑を改めて井を改めず。喪うなく得るなし。往来井を井とす」これは井戸の効用、性質を語っています。
井戸はたとえ村が変わっても変わることがない(邑は村里)。村落は人の構成も変わるし、行政改革によっても変わる。なくなってしまうこともある。だが井戸は変わらない。
人あれば水を汲みにあつまってくる。汲まなくてもあふれることはないし、汲みすぎても枯渇することがない。
これほど役に立つものはない。井戸は人間生活の基本である。だが、その井戸も水を汲む手段が断たれてしまえばどうなるか。それはあってなきが状態で何の役にも立たない。これをもって井戸は潜在意識だといいます。
わたしたちに無限の効用、しかも実生活に密着した効用を与えてくれながら、その存在を知らない、あるいは知っても水を汲みあげる手段を持たなければ何の役にも立たない。まさに井戸は潜在意識といっていいでしょう。
いくら汲んでもかれることのない潜在意識の井戸を、わたしたちはもっと活用しなければいけない。この井戸のポイントは「汲めばいくらでもわいてくる。しかし、飲めないといって汲まなければ一滴の水ももたらしてはくれない」という点です。 つまり潜在意識の法則とは「良いことを思えば良いことがおきる。悪いことを思えば悪いことがおきる」という単純なものです。しかしコンピュータのあの膨大な仕事をこなすメカニズムが0と1から成り立っているように、宇宙の法則もこんな単純な記号でできあがっているのです。

2019年 四緑木星 気運の遁甲
四緑木星 気運の遁甲

五黄土星

2019年は今までの教訓を活かし、粘りと根気力を養って、「新生の時代」の基盤を築いてください。目標や目的に向けた準備を怠らずに周囲の方には誠心誠意、心を込めて尽くすことも今期のポイントです。

自らの星が準備・基礎作りの南西(坤宮)に回座、本宮には変化改革を司る八白土星が巡る五黄土星さんにとっては、2018年の停滞期から脱却して、2020年からの好運期に向けての準備期間となります。2018年の疲労感、精神的な苦労をまず自分の意識の中から解放しましょう!今まで抑えていたものを解除し、あなたらしい活躍ができる時です。まずは、焦らず2020年の「新生の時代」スタートを捉え、現状をよく分析し、努力を惜しまないことです。五黄土星は本来一人で事を成すのでなく、人を巻き込みながら事を成り遂げて行くことからも、2019年は周囲の方の声に耳を傾け、シビアな忠告も苦手な分野も万事受け入れ、謙虚さをもって、全てに当たってください。適材適所で人を活かし、サポーターを増やしておくことが必要と思われます。積極的に人と交流することが良い結果に結びついていくことでしょう。

また、被同会八白土星の影響で、大きな変化、変動を余儀なくされることやチャンスが突然訪れる場面もあるかと思いますがそんな時は持ち前の「度胸」で受け止め、「時」を味方につけて、今まで築いてきたスキルを活かし、誠意をもって、努力を惜しまず尽くしていくことです。
南西遁甲の気を受けて、2019年は今までの教訓を活かし、粘りと根気力を養って、「新生の時代」の基盤を築いてください。目標や目的に向けた準備を怠らずに周囲の方には誠心誠意、心を込めて尽くすことも今期のポイントです。

健康面では胃腸・皮膚疾患に注意。疲労が蓄積され持病の悪化につながることも。睡眠を十分にとって自分流のストレス解消法を実践してください。
産土・鎮守神社21日間参拝とお墓参りで人生の土台づくりを強固なものとしましょう!
これからの10年間、未来のプロジェクトの後押しを得るためにも大祓いでマイナス思考を昇華し、自神拝で自己の潜在意識にふれ活性化をはかりましょう!

♡♡ 2019年の恋は深く静かに潜行するかも。ときめきや華やかさが少なく、ちょっと不満足かもしれませんが、誠実な方と出会えるチャンス!しっかり相手の本質を見極めてくださいね。出来れば外見より内面を充実させていく工夫や自分磨きをなさってください。

★2020年のスタートを切る為に今年をどう生き抜くか?基盤づくりの1年!努力するだけの結果は今後の成果として得られます。心をこめて、真摯に謙虚な姿勢を心がけて下さいね。
2020年は東遁甲。「新生の時代」をどのようにスタートさせるかは五黄土星さんに期待したい所です。 楽しみにています。

易経からのアドバイス

易経11 地天泰(ちてんたい)
火雷噬こうリーダーとして陰陽調和。天地和合、天下泰平など安泰の意で、大吉の卦である。人間の創意工夫と神仏の後押しを陰陽調和させよ。目標に向って、自信もって当たれ。

平和
これは易では良い卦の一つです。「易経」には「泰は小往き大来る」とあり、運勢学的には非常な盛運に当たる。自信をもって事に対処していい時です。全ての点であなたは恵まれています。
では、この運の昇り調子は何に支えられているかといえば、それは泰です。泰には安泰、やすらかといった意味のほかに「通じる」という意味もある。ここでいう「通」は意志の疎通の通であり、いわば他人との関係がうまくいくことで、あなたの心は安泰となり、それがすべての幸運の基になっているということです。「あなたの心が平和であり、上と調和しているときには、あなたは家庭、事業など、あなたの人生のあらゆる面において平和を見出すだろう。しかもそれだけでなく、あなたはあなたが尤も望んでいる願望を獲得するだろう」これはこの卦に対するメッセージですが、平和は、すべてが順調に運んでいることによって得られるものと考えられます。

人間はどんなときに平和になれるか、心の平安が得られるかといえば、それは問題や困難が無いことではなくて、それに勇気をもって対処できる時です。いわば全ての事柄についてやる気を失わないで、忍耐強く取り組んでいけるとき、人間は自己に自信を持ちます。そしてその自信が物事を成就させるのです。
よく「何々がどうなれば自分もどうこうする」と注文を付ける人がいますが、そういう人は永久に注文を付け続けている。条件付きで何かをしようとする人は条件無しでは何もできないのではなく、本音はしたくないのです。潜在意識の力を発揮させるためには、何よりも先の自分の心を安定させることなのです。

2019年 五黄土星 気運の遁甲
五黄土星 気運の遁甲

六白金星

「新生の時代」のスタートを担う六白金星さん。自身の与えられた「天命」と自身の持つ素晴らしい能力を自覚すると同時に、与えられた天分を活かして、2019年、公私にわたる活躍を!

自らの星が発展、活動、顕現、本格的な好運期の始まりを表す東(震宮)に回座、本宮には知力と名誉、物事の顕在化、離合集散を象意する九紫火星さんが巡る六白金星さんは、大きく躍進する時です!
この絶好のスタートチャンスを逃さずに真摯に前向きに望むことを勧めます。気力・体力ともに充実して、あなたの才能が今、開花する時です。今までの準備と方針がしっかりしていれば必ず良い方向へ向かう事を確信してスタートをきってくださいね!今年の好運月を活かして、発動することが運気を分ける事となります。また、自分の才能や経験をPRすることや実践はスピーディーに。お高く留まらず、誰かに任せるのではなく、自らが機転を利かせて先手必勝とするのも良い時です。
被同会の九紫火星の「感性やひらめき、輝き」を味方につければ、鬼に金棒。リーダーとして、ひときわ目立つ存在になるでしょう。ただ、進むことに夢中で足元が疎かになると勘違いを招いたり、何気ない発言、不平不満、有言不実行はNG!些細な問題でも自分の発言には責任をもち確実に実行してください。
勢いに乗っての猛進ではなく、配慮、気配り、根回し力、周囲の流れを読む繊細さを活用して、更に上縁の人脈を広げていってください。

またこの東遁甲では、物事が表面化しやすい時期です。場合によっては、少し時間の要する案件もあります。その時は慌てず、騒がず、冷静に判断し、信頼のおける方にも相談なさって、落ち着いて行動なさってください。

「新生の時代」のスタートを担う六白金星さん。皆さんへの影響力は多大だと思います。自身の与えられた「天命」とご自身の持つ素晴らしい能力を自覚すると同時に、与えられた天分を活かして、2019年、公私にわたる活躍を期待しております。輝いてください!応援しています!
 
健康は、怪我,喉頭、肝臓、脾臓、神経の疾患に注意。病気の再発や発覚。注意散漫になりやすいので思わぬ事故にも注意です。健康管理を怠るとチャンスの時期も失います。心して用心すること。
物事の初めは、産土、鎮守、猿田彦の大神さまへ祈り。物事が表面化しやすい時です。(殺菌効果も高い時です)大祓い,自神拝,日拝で心身を浄化しましょう!一霊四魂を禊祓い、磨き、活性化するチャンスの時です。

♡ 今年は出会いのチャンスがたくさんあるので恋人募集のアピールを!自分の個性や長所をアピールしてください。来年が結婚への本番、自身のアピールと積極的な行動が見極めの年といえるでしょう。
華やかさが目立つ時ですので気配り、思いやりを忘れずに。

★今年の過ごし方や集中力は今後の人生に大きな影響を及ぼすことはいうまでもありません。剛と柔のバランスが決め手!
2020年は縁を広げる時!(引き寄せの法則。同じ波動の人が寄ってきます)ネットワークの拡大が今後の発展の後押しになるので、今期から積極的に人脈づくりを行っていきましょう!

易経からのアドバイス

易経32 雷風恒(らいふうこう)
雷風恒内省する(自分を見つめ直す)ことが必要である。天地自然のように順序に従えば、願いが叶う。自己過信せずに短気を慎むことである。礼儀・マナーに合った行動をしなさい。

【キーワード】大きな力
〔大意〕大壮(たいそう)とは、大なる者がさかんな様子で、その上に雷が天にとどろくのですから、きわめてエネルギッシュな状態を暗示しています。いわば運勢的には非常に強く、勢いがあると見ていい。大きな仕事が完成するのはこういうときです。ただこの卦で注意しなければならないのは、あまりの勢いにふりまわされて「やりすぎない」ことです。調子に乗りすぎると、勢いがあるだけに大失敗へとつながる危険性があります。雷のとどろきを「欲望の表現」だといいます。つまり、あなたの中にいま大きな欲望がうずまいている。その欲望は非常に強く、またその実現のためにあなたは意欲に燃えている。周囲の情況もよく、それは実現しそうである―ここまではいいが、もしその欲望の実現がモラルに反することであったり、自己本位なものだったら、それはあなたを失敗へと導くかも知れない。

なぜなら、自然の世界はあくまで調和と平安が基調となっていて、悪や憎悪、我欲といったものは退けられるからです。それと自己過信ということがある。いまの自分に大きな力が発揮できるのは「自分にそれだけの才能があるからだ」と思ってしまう。実際は大自然のエネルギーがあなたに降り注ぎ、あなたはそれに導かれているにすぎないのに、それを自分の力と錯覚してしまうのです。
人間は、とかくこういう錯誤に陥りがちである。だから急上昇から急速な転落へと落ちる人が多いのです。会社を倒産させる人の大半は「一度は会社を急成長させた実績の持主である」という皮肉は、人間がいかに思い上がり、自己過信に陥るかを示しています。そうならないためには勝ってかぶとの緒を締める心構えが肝要です。

2019年 六白金星 気運の遁甲
六白金星 気運の遁甲

七赤金星

2019年「新生の時代」でそのような人脈拡大をするのか?「貴人・上縁」の縁を広げていきましょう。

自らの星が社会的な信用や人気が高まり「縁」を呼ぶ東南(巽宮)(歳破帯同)に回座、本宮は環境への適応力を象意する一白水星が巡る七赤金星さんの今年は2018年度に引き続き発展の好運期です。社会的信用はアップし人気運も上がり交友関係が活発化し発展が望め、長年の夢や希望が叶うときでしょう!

ただ、2019年は歳破が帯同している為健康を損ねることやケガを伴うことや行き詰まりを感じる方もおられるでしょう。思いもよらずアクシデントに見舞われ、発展を阻害されることもあるので、どんな場面でも冷静に対処し、どんな状況が訪れても危機管理をしっかりと身に着けておきたいものです。歳破の影響で、中途半端な気持ちや挫折心を抱きやすい「落とし穴」も。昨年の東遁甲で「スタート」したことは、たとえ道のりが遠くても、被同会の一白水星の力を得て、自分の力を信じて、最後まで粘り強く成し遂げる覚悟を持っていってください。

人生は多くの人との出会いと触れ合いです。「ご縁」をどう活かして、自分の中に活かすか?ご自身の持つ「領域」を更に拡大するチャンスでもある時期です。 2019年「新生の時代」でそのような人脈拡大をするのか?「貴人・上縁」の縁を広げていきましょう。従来の東南遁甲の好機を全うして頂きたいです。

健康面では、流行性疾患、呼吸器系疾患に注意。風邪は万病の元です。拗らせないようになさってください。非常に忙しい時です。オン・オフの切り替えの工夫と脳に栄養を与えることも。吉方位は自然に触れることや神社・仏閣がお勧めです。また、先祖への感謝と墓参りもなさってくださいね。
「縁」の年です。上の縁,貴人の縁を望みましょう。産土様は必要な縁を導いてくださいます。大祓い,自神拝,日拝で邪気を祓いクリアーな自分づくりを。好運期をより良い“気”と“選択力”で高めましょう!

♡♡♡ 恋愛や結婚への意識が高まる時です。今年は恋愛運、結婚運が大チャンスの時!自分を高めることで、ワンランク上の相手との交際の発展も!人生を左右する選択です!チャンスを逃さずゴールへ向けて行動しましょう!ただし歳破帯同でもあるので、破談、結婚詐欺も想定内として、たとえ恋愛期間中であっても相手は必ず友達に紹介したり、両親にも引き合わせ素直に周囲の方の意見を聞くことも忘れずに。またお金の絡んだ関係はNG!「金の切れ目は縁の切れ目」で長続きはお勧めできません。

★2019年は吉凶割れる運気でもあります。粘りと根気を養って、あらたなステージを展開できることでしょう。2020年は中宮。“新生の大輪の花”を咲かせてください。

易経からのアドバイス

易経61 風沢中孚(ふうたくちゅうふ)
風沢中孚志を高くもち、至誠があれば天も認め、大事が成る。天・神仏と人間がお互い相通じる時である。自分の行動は「宇宙の大いなる意志」に沿っているか、自問自答せよ。

【キーワード】誠実
〔大意〕この卦は吉の卦です。本文には「中孚は、豚魚にして吉たり」とあります。中孚(ちゅうふ)とは心の中に誠のあること。誠は他人に対してだけでありません。自分に対しての忠実ということも他人同様、ときにはそれ以上に大切です。「正しい人には何の害悪もおよばない」といいます。これは潜在意識がもっとも良く機能する状態だからです。

この卦の出たときは、自分の楽しみごとや自分の利益を考える前に、家族や周囲の人間のことを考えるべきです。そうすることによって心の平安が得られ、それが結果的にあなた自身に吉をもたらすことになるからです。あなたは自分の計画や自分の願望を放棄する必要はありません。それは確実に前進するでしょう。しかし、あなたの目には遅々として進んでいないように見えるかも知れません。そういうときにアセリが出る。多くの人が陥るのは、自分が良くなってから人に.:という考え方です。こういう考え方は確かに理屈の上ではもっともらしいが、そのためにたとえ一時的であれ、不誠実を働いたのでは何もなりません。そのような態度で得た成功や果実は見せかけのもので、結局は失敗の結果になりかねない。いまは自分の心を静かに落ち着けて他人のために考えるべきです。

潜在意識はごまかしがききません。自己を偽ることでごまかせるのは顕在意識です。それを自己欺瞞といいます。自己欺瞞は多くの人が陥っているわなです。あなたはもう一度自分の心を点検してみる必要があります。他人の幸福を本当に願っているかを自分の心に聞いてみてください。そこでイエスの答が得られれば、あなたは自分の人生が順調に運ぶことを確信していいでしょう。

2019年 七赤金星 気運の遁甲
七赤金星 気運の遁甲

八白土星

「新生の時代」の改革者のトップはまぎれもなく中心にいる「あなた」。必ずベクトルの転換があなたを動かすでしょう。改めることは勇気をもって、「改革」していきましょう。

自らの星が中央に回座し、本宮には勤勉・堅実・努力を象意する二黒土星(暗剣殺帯同)が巡る八白土星さんは、良きにつけ悪しきにつけ注目のあびる2019年となるので、今一度自分自身を見つめなおすチャンスの時です。また、過去数年間の生き方や過ごし方の結果が一度総決算の形として顕れます。これまで目標に向かって全力を注いできた方は、実を結び、大きな成果として表れ、その反対の人は、厳しい現実にさらされる年となるでしょう!また。仕事面では順調でも私的な問題で苦労が絶えないなど気の抜けない1年になりそうな暗示も。この中宮遁甲は「吉・凶」割れる運勢といえます。

暗剣帯同の二黒土星の影響で自身の築いてきた土台が揺らぐことによっての不安感や不信感、猜疑心で、周囲の方との人間関係のバランスを崩して、孤立する場面も。また、中宮の五黄の影響を受けて、トラブルに巻き込まれる暗示も。感情のコントロールが必要な時期です。慎重さをもって、謙虚に誠実に対応していってください。自己防衛・独断専行はNG!です。決断に迷った時には目上の方や信頼のおける方に相談をすると良いでしょう!

今年は山の頂上にいて、「新生の時代」の氣を真っ先に受けて、その氣の行先や流れを見届ける運気でもあります。必要以上に動いてはいけません。「新生の時代」の改革者のトップはまぎれもなく中心にいる「あなた」だからです。だからといって、何もしないのではないのです。必ずベクトルの転換があなたを動かすでしょう。改めることは勇気をもって、「改革」していきましょう。ただし、この「改革」は決して簡単なものではありませんがこれからの人生を左右する事になります。そういう意味では、2018年に築き上げた「人の輪」を糧にして大きく前進する年となるでしょう。まさに「開花運」ともいえる運気で、自分の人生の充実感、達成感を未来に感じる時になると思います。

健康では、今までの無理がたたり、体調が崩れ、大病になることもあるので、不調を感じたら早期診断を。病気の再発、癌、細菌による疾患に注意。過信は禁物! 「破滅、自滅」の象意もある時ですので、自身の清浄に心がけてください。自神拝,大祓い,日拝。吉方位取りや産土・鎮守神社。鬼門結界神社への参拝に力を入れてください。

♡♡ 注目度がアップ(良きにつけ悪しきにつけ)!悪縁ともつながりやすい時ですから、直観で動かず、相手を慎重に見極めてから行動するようにしましょう!あなたの愛情が束縛、重荷ととらわれているかも?一歩引いた愛情表現も大切な時期です。長すぎた恋愛はここでの判断も必要でゴールインも!

★今期の自身の成長は周囲の方々を活かす、活躍を促す役割。「新生」の息吹を中宮で受け止める器に是非成長なさってください。
2020年は2019年に得たものを更に活かす「盛運気」実りの時です。

易経からのアドバイス

易経52 艮為山(こんいさん)
艮為山野心を抱かず、自己の立場を守れ。良く考えて、行動する。兵法の「四路五動」で、じっと動かないことも“攻め(動き)”である。

【キーワード】山、静止した状態
〔大意〕艮(ごん)は「とどまって動かない」の意味。この卦は動に対する静を考慮するべきことを暗示しています。どんなに活動家でも一日に一回は眠る。眠ることは絶対に欠かせません。
それは消極的ではなく、より積極的に行動するためにも必要なことです。いまは静かにしていることが最良である。「動かざること山のごとし」がよいということです。「あなたの心を静めることは、あなた自身の理性や感情がいま自分の内に向かうことが必要だからです。そうすることであなたにはあなた自身が見えてくる。そしてあなたは静かな心で自分に期待しなければいけません。この種の期待はあらゆる行動の中でもっとも効果のある行動なのです」ここで期待というのは、想像力を発揮するということです。

あなたは心静かに自分の未来、好ましい未来を想像するべきである。しかもその想像は可能な限り細密でなければならない。真に細部にわたって想像ができたとき、それは現実のものとたっている―これは潜在意識の働きがそうさせるのです。実際に身体を動かす行動も大切だが、想像もそれ以上に重要である。なぜなら想像することは、潜在意識に自分の願望の種をまき、水や肥料をやり、丹精込めて育てることにほかならないからです。「想像力は知識よりも大切である」といったのは今世紀一の頭脳といわれたアインシュタインの言葉です。また、英雄ナポレオンは「想像力は世界を征す」といいました。現代は創造力は大切だといわれるが、想像力は軽視されがちです。「頭の中の幻影にすぎない」と思われているからです。これがいかに大切かは、あなたがじっと静止して考えればきっとわかります。

2019年 八白土星 気運の遁甲
八白土星 気運の遁甲

九紫火星

天の氣を受け、2019年「新生の時代」は、自己拡大の大いなるチャンスの時ですので意識をしっかりと持つことが大切です。

自らの星が、地位と権力、積極的な活動と援助力を示す北西(乾宮)に回座、本宮には発展、情報発信、行動力を司る三碧木星さんが巡る九紫火星さんの2019年は盛運期で、心身共に活動力のある年で忙しい2019年となります。「新生の時代」を心身ともに受け取ってください。

この盛運期を吉にするか、凶にするかは、今までの過ごし方と今期の自身の自覚が影響を与えるといっても過言ではないでしょう。また、目上の人に評価され、引き立てを受ける時でもあるので、そのチャンスを活かす年です。その時の為の準備と受け取る力が大切です。周囲との連帯や応援あってこその好運期として心して、“和”を保ち、礼を尽くして、教えを請うが良いでしょう! 何事にもフレッシュな感覚で積極的に動いてみましょう!

奉仕活動や社会活動など依頼されることが多く忙しい年となりそうですが持ち前の「人につくす」ことをモットーに誠意をもって取り組む姿勢もコミュニティを広げていくチャンスになるかもしれません。引き上げてくれる相手や支援者には誠意を尽くし、信頼関係を強めていくことで自分が考えるよりはスムーズに社会的にも信用アップと地位の向上が期待できるでしょう。

北西に回座する事からも「天」の氣を受け、また、被同会の三碧木星の気を受けて九紫火星さんの周囲はあらゆる計画が予定以上に進み、思いもかけない成果を生む時です。今まで体験していない世界を垣間見るチャンスもあるでしょう。2019年「新生の時代」は、自己拡大の大いなるチャンスの時ですので意識をしっかりと持つことが大切です。

健康面では、多忙からの、疲労蓄積、体調不良、不眠。ケガや交通事故。頭部、足、骨などの疾患に注意。適度な運動とストレスをため込まない解消法を身に着けておくとよいでしょう。スケジュールと自身のエネルギー管理も重要ポイント!

北西遁甲の時ですから、大祓い,自神拝,日拝も取り入れ神仏がスムーズに後押しできる環境づくりを整えましょう。神仏の加護のある時ですのでお墓参り、産土・鎮守神社への参拝に力を入れてください。お墓が遠方な方、今年は是非先祖のお墓参りを勧めます。
吉方位取りと神道関連メソッドの活用。墓参り、先祖供養。前世、先祖への祝詞、自神拝2祝詞奏上。
ヒプノセラピーもお勧めです。

♡♡ 先輩や上司からの紹介も期待できるときなので受け入れ態勢を整えておくとチャンスを逃がさないでしょう!職場や仕事関係先にご縁あり。忙しい時期なので疲れていてもパートナーを大切にすることも心がけて。尊敬する先輩や上司も視野の中に。

★天命・使命に向き合う1年となるでしょう!2018年の大輪の花がまさに2019年成果に変化するときです。いよいよ2020年は収穫の時となります。

易経からのアドバイス

易経14 火天大有(かてんたいゆう)
火天大有天命に生きよ。智慧を発揮しろ。盛運につく時であるから、大きな目標をたてて行動していけ。ただし、驕り・慢心を慎むことである。

【キーワード】大量所有
〔大意〕大有とは「太陽が四方をあまねく照らしているさま」で人間のレベルでは「大いに所有する」という意味です。したがって、この卦は望みが大いにかなうことを暗示していると解することができ、大吉と考えられます。この卦について「あなたはすべての存在から祝福されているから大いに楽しまなければならない」といっています。この場合、あなたは中心であり、主役ですから、あなたは他人への影響ということも考慮しなければならない。我利我欲(がりがよく)によって他を排すれば、吉運は凶運に傾斜していってしまいます。

経済的問題はきわめて上昇することが考えられるが、それだけに欲望のコントロールが大切になってくる。また、自分の行動の成果を自分の才能に帰することはたやすいが、そこに謙虚さがなくなると、やはり吉ではなくなってきます。要するに、すべて順調、思うことはかなえられるという暗示は「…であるから、謙虚にしておごることなかれ」といわれているのと同じことです。
平安時代、藤原道長は「この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることのなしと思えば」といったが、満つれば欠けるのが世のつね、思い上がりや油断は禁物です。「われわれ人間は豊かになるように生まれついている」といいます。

「いまの現実が経済的に困窮しているのに、豊かになるように生まれついているなんて信じられない」という人は、潜在意識の理論を知らない人です。そう思うことが、そうした現状を招いている事実を知るべきです。富はあなたの中にある―しかしキャッシュカードや通帳をなくしてしまえば、自分の金といえどもおろすことはできないのと同様、自分に所有感覚がなければ、あなたは永久に貧しい状態にいなければなりません。

2019年 九紫火星 気運の遁甲
九紫火星 気運の遁甲

2019年 神道易で観る今年の運勢に向かう行動の指針

2月4日〜2020年2月3日までの1年の行動の指針

水地比8 水地比(すいちひ) リーダーとしての調和。コミュニケーションを大切にして、成長を望む人物と交際すること。よく考えて行動する。自分と他人を愛することで、人間関係を改善できる。

【キーワード】結合
〔大意〕「比は、吉なり」と『易経』にあるように、この卦は幸運をあらわしていますが、そのポイソトは人とのコミュニケーションがうまくいくことにあります。人のあなたへの高い評価、人との協力によって、あなたの計画は遂行され、成功するのです。そのために、あなたがすべきことの最善の策は何でしょうか。それは他人との付き合い方でしょうか。「そうではない」といっています。「人間関係で悩んでいる人は、他人との折り合いの悪さで悩んでいるのではない。自分との折り合いの悪さに悩んでいる」のです。
したがって、まずすべきことは自分と折り合いをつけることである。自分と折り合いがつけば、自然に他人との付き合いもスムーズにいくようになります。また、現実に自分が自分で考えて好ましいものでないなら、理想の自分、「かくありたい自分」というものを想定し、その自分と接することです。

人間関係には「類友の法則」というのがあって、似たもの同士が集まってくる。これは自然の世界でも・たとえば植物の分布などを見ればわかります。動物で同じです。人間の場合もこの自然の法則は適用されているのです。だから、自分の周囲に集まってくる人間のタイプを知れば、自分がどんな人間であるかがわかります。それがもし好ましいものでないときはまず自分に問題があると思い、あなたは現実の自分より理想の自分と付き合うようにすべきなのです。
子供が問題を起こしたようなとき、よく周りが悪い、友達が悪いといったいい方をする親がいますが、客観的にそれは事実であったにしろ、原因を他に求める姿勢そのものが問題です。いかなる事柄も、自分に起きたこと旨分の内部にその原因があるのです。

三6―自分の家族を苦しめる者と付き合うな。

変爻後

水山蹇39 水山蹇(すいざんけん) 賢者の指導を仰げ。まずわが身を振り返り、反省することである。内的要因が80%、外的要因が20%と心得て、対処法を考えよ。一人で悩まず、良き人達のサポートを受けよ。神仏に祈れ。

2019年「新生の時代」天命・使命が発動する 〜
時代の変化を見極めよ。自己改革のチャンス!中心軸をもってポジティブに挑戦しよう!

2017年は水(火)の浄化、2018年は火(水)の浄化となり、「新生の時代」に向けて、世の中が大きな動きの中に入り混沌とした時代となりました。
南(精神性・名誉欲・争う・倫理・教育・デマ・中傷・情報操作)、北(内在心・潜在意識・水・生命)、東南(縁・人間関係・海外との関わり・家族・組織)、八白土星(東・東南で歳破)が潰れましたので、2017年2018年は、まったく違った局面から浄化が進みました。
2017年2018年に起きた「水・火」の浄化現象や事象は、私たちに「新生の時代」を生きて行く上での様々な必要なものを意識させる事となり、「新生の時代」へ向かう為に多くの浄化と選択をしてきたように思います。

2019年は「天」を現す「六白金星」が東の太陽に昇る位置に回座し、いよいよ「新生の時代」が始まります!天地自然の法則が示すどおり、先ずは「天皇退位」「新天皇即位」の運びとなり、多くの事柄が、新旧交代のリズムの中に入ります。私達は2018年に示された「新生の時代」の“人生のビジョン”を明確にして、2019年は、天命・使命を発動させましょう。

そして、2019年は表鬼門ー中央ー裏鬼門に土氣が斜列する盤となり、新たな変化・改革の年となります。これは、世界・国家・社会・組織・家庭・個人 全てが変化・改革の大きな渦となっていきます。かなり厳しい変化と感じられる方もおられると思いますが、「変化激動の2019年」だからこそ、未来に向かって「乗り越えられる」と信じて、前に向かって進むことだと理解しております。

2014年から始まった「新生の時代」への準備は、2018年の「最後の浄化と選択」で完成を観る事となり、2019年は、明確になった“人生のビジョン”を東六白金星の力で高らかに「自己宣言」をすることになります。移行期間に5年をかけて、「新生の時代」が2019年、いよいよ発動します。

変化・激動を恐れることなく、「自己改革」のチャンスと捉え、「ワクワク感」を抱いて、周りに起きていく事象を「前向き」に捉えていきましょう。そして、時代の変化を見極め、「進歩・成長」を目指して、智慧と勇気で行動していきましょう。

私達には天地自然の法則を知る「氣学」というものがあり、「吉方位開運法」や「産土開運法」をはじめ、「神道メッソド開運法」があります。私達は、その“力”をあますことなく酷使して自分自身を更にバージョンアップしてくチャンスの時です。(今世は輪廻転生3回分ですよ)この時代、乗り越えられない試練はないと自分を信じ、起きていく現象に挑んでいきましょう。良質な情報をきちんと得ることと柔軟性と真実を見極める力を養い、更に天地自然の法則を学ぶことを深め、活用していくことが大きな力となるでしょう。
勇気を持ち、慈愛を持って、自分も相手も信頼し、調和の世界へ踏み出しましょう!

どうぞ皆様方におかれましても「今年の気運」を捉えて、健康で、「新生の時代の発動」に向けての努力、行動が「未来」を創っていきますように。共に挑み、励まし、喜びを分かち合っていきましょう!

フローリーディング研究所においては今年も2019年の気運にふさわしい企画講座、祈祷祭、開運ツアー、個人鑑定・リサーチ・セッションを提案していきますので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年1月吉日
フローリーディング研究所 中村彩祐子

あなたの九星を調べてみましょう

下記の表で、ご自分の生まれた年の一番上の星があなたの本命星です。
※旧暦で見ますので、1月1日から2月立春(2月3日、4日、5日)までに生まれた人は、その前年の星が本命星になります。(例:昭和50年1月28日生まれの方→八白土星)
立春は毎年日にちと時刻が異なりますので、2月3日、4日、5日生まれの方で、ご自分の正しい本命星をお知りになりたい方は、お問合せください。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年
昭和2

1926年
昭和1
1925年
大正14
1924年
大正13
1923年
大正12
1922年
大正11
1921年
大正10
1920年
大正9
1919年
大正8
1936年
昭和11
1935年
昭和10
1934年
昭和9
1933年
昭和8
1932年
昭和7
1931年
昭和6
1930年
昭和5
1929年
昭和4
1928年
昭和3
1945年
昭和20
1944年
昭和19
1943年
昭和18
1942年
昭和17
1941年
昭和16
1940年
昭和15
1939年
昭和14
1938年
昭和13
1937年
昭和12
1954年
昭和29
1953年
昭和28
1952年
昭和27
1951年
昭和26
1950年
昭和25
1949年
昭和24
1948年
昭和23
1947年
昭和22
1946年
昭和21
1963年
昭和38
1962年
昭和37
1961年
昭和36
1960年
昭和35
1959年
昭和34
1958年
昭和33
1957年
昭和32
1956年
昭和31
1955年
昭和30
1972年
昭和47
1971年
昭和46
1970年
昭和45
1969年
昭和44
1968年
昭和43
1967年
昭和42
1966年
昭和41
1965年
昭和40
1964年
昭和39
1981年
昭和56
1980年
昭和55
1979年
昭和54
1978年
昭和53
1977年
昭和52
1976年
昭和51
1975年
昭和50
1974年
昭和49
1973年
昭和48
1990年
平成2
1989年
平成1
1988年
昭和63
1987年
昭和62
1986年
昭和61
1985年
昭和60
1984年
昭和59
1983年
昭和58
1982年
昭和57
1999年
平成11
1998年
平成10
1997年
平成9
1996年
平成8
1995年
平成7
1994年
平成6
1993年
平成5
1992年
平成4
1991年
平成3
2008年
平成20
2007年
平成19
2006年
平成18
2005年
平成17
2004年
平成16
2003年
平成15
2002年
平成14
2001年
平成13
2000年
平成12
2017年
平成29
2016年
平成28
2015年
平成27
2014年
平成26
2013年
平成25
2012年
平成24
2011年
平成23
2010年
平成22
2009年
平成21
7
16ページトップへ
6

HOMEリンク集 Copyright (C) 2011 flowreading lab. All rights reserved.

 

フローリーディング研究所 フローリーディングロゴの意味 九星気学とは? 当研究所の紹介 講師プロフィール 受講申し込み お問合せ 個人鑑定 フローリーディングメルマガ