フローリーディング研究所
トップページ
講座ガイド
入門講座・初級講座
鑑定士資格取得講座
研究科講座・講師養成講座
資格取得者一覧
吉方位開運ツアー
個人鑑定
企業法人鑑定
フェニックスアイ
フローリーディング企画講座
「本年のテーマ講座」
フローリーディング企画講座
「神道関連講座」
満月の会
新月の会
産土神社開運法
神道/産土神社リサーチ
神社・寺院リンク集
ヒプノセラピー
満月のお告げ
祈祷祭
M&Mアクセサリー
今年のパワーストーン
アクセサリー展示会
パワーストーン企画商品
fxwill.com

今月の運勢

→あなたの九星を調べる場合はこちら

7月の運勢  7月7日06:51〜 8月7日16:39:59

三碧木星 中宮 五黄殺 西
暗剣殺 東 ◆月破 北東 ◆天道 東

陽子さん。運勢お疲れ様でした。今年は六白さん達にとってはちょっときつい年かもしれませんね。陽子さんにとっての次の10年は人生においても「一番乗れる時期・開花の時期」と思います。 孔子論語からー「人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむの です。」逆に今年の北遁甲を大いに活用されて、2019年の新たなステージのスタートの為の2017年になさってくださいね。応援しています。〜結果を求めず、自分の成長の過程と理解して焦らず、慌てず。自分を超える姿勢をみにつけるための2017年!波動を下げないことがポイント。〜(今年の運勢からです)今月運勢担当ありがとうございました。(彩祐子) 

今月の盤
2017年7月の盤
今月の盤
2017年の盤

〜2017年の後半スタート 浄化の作用がさらに進みそう〜
いよいよ、本格的な夏がやってきます。今年の後半戦のスタートです。 前半を振り返って、今年の目標・計画の進捗はいかがでしょうか?折り返し地点で、もう一度見直しを行ってみましょう。
今年後半のスタートを切るにあたって、夏休みの期間や、バカンス先での時間を使って、今後の計画を練るのもよいでしょう。さらには、2018年を見通すことも先手必勝の効果がありそうです。
一白水星の中宮である「水」の象意と、三碧木星の「発展」の象意から、今月は浄化の作用がさらに進むと感じられてなりません。「水に流す」とは、よく言ったもので、きれいさっぱり 流してしまうことは、人が前に歩むためには、時折必要なことのように感じます。
世の中の動きに注目してみると、北朝鮮のミサイル発射について、世界情勢とも連動し、引き続き、注視せざるを得ません。すぐ近くの隣国で起こっている問題です。日本全体で、緊張状態は続きそうです。政治家にとっては、現状を打開するにも、厳しい状況であると考えられます。(6・破)
レジャー面では、夏のイベントがあちこちで催されるとおもいますが、くれぐれも水の事故には注意していただきたいと思います。天候の変化に注意し、豪雨が発生しそうな場合は、特に注意を。
さて、7月といえば、何を想像しますでしょうか?土用の丑の日を想像する方も多いと思います。「鰻」の希少性が知られるようになり、高騰してしまうのは、仕方ないですが、日本独自の食習慣が薄れていくのは、少々寂しくもあります。ほかにも、土用蜆(しじみ)・土用餅・土用卵といった言葉も残っているようで、先人達の食文化の造詣の深さを、しみじみ感じます。
ぜひこの夏を乗り切るためには、美味しいものがたくさんあるこの日本の食文化に敬意を表し、「精をつけて」この暑い夏を乗り切りましょう。まったくもって余談ですが、私の生まれ育った土地は、全国でトップクラスの暑い土地です(群馬県館林市)。ここ数年、天気予報ニュースで地名を耳にする機会が増えました。帰省の際は、蜃気楼を疑うほど、暑いです。熱中症対策も忘れずに、みなさま、素敵な夏をお過ごしください。夏の思い出は、心に残るものですので。

写真:運勢担当松本さん撮影
金華山神社 金華山神社 金華山神社
金華山神社    

出雲大社 出雲大社
出雲大社 美保神社の神事  

出雲大社 出雲大社
出雲大社 美保神社の神事  


以下写真:中村撮影
品川寺 太宗寺 東禅寺
品川寺 太宗寺 東禅寺

真性寺 浄名院 霊厳寺
真性寺 浄名院 霊厳寺



恋愛 誠実なご縁

今月は真剣交際のご縁や、目上の人からご縁を頂ける可能性があります。浮ついた恋愛よりも、誠実なご縁の兆しがありますので、真面目に検討してみましょう。

金運 投資は極力ひかえましょう

今月の投資は、十分検討する必要があります。動産・不動産いずれも、あえて今月は避けてみてもいいかもしれません。また、夏休みの旅行や、ボーナスの使い道もあるかとおもいますので、ぜひ計画的にマネープランを考えましょう。

健康 水の事故には注意

夏休み中の水の事故には十分気を付けて下さい。また、最近の天候のアップダウンの激しさで体力が奪われている方も多いと思います。日頃の健康管理もとても大切です。冷房による冷えにも注意。

旅行 今年後半の旅行計画を

すでに、夏休みの旅行計画、帰省の日程などを決めている方も多いと思います。同様に、今年後半の旅行、秋の行楽シーズンの計画もプランも練ってみましょう。9月は気学にとって、特別な月になりますので、ぜひ事前に計画を立てたいものです。

今月の凶方位・・・全員が避けたほうがいい方位

国内:北東(仙台・いわき・福島・石巻など)、東(銚子・成田など) 西(岐阜・京都・広島・出雲など)
海外::北(ブラジルなど)、南(グアム島・オーストラリアなど)、東(ハワイ・アルゼンチン・ウルグアイ)

注意:東京(皇居)を拠点に明記しております。お住まいの場所によっては多少ずれます。

今月のお勧めの方位・・・ご自身の大吉方・吉方位へお出かけください。

年盤、凶作用対策のため北東・南西に吉方のある方は近距離でお出かけください。

北(成績向上・愛情運)南西(仕事運・商売繁盛)東南(良縁・事業繁栄)
北西(仕事運・投資運)南(社会的地位・名誉)

※吉方位は月盤で観ています。但し、ご自分の本命星・月命星が入っている方位(中央は除く)と、 その方位から見て真向かいにあたる方位は使えません。海外については、年盤で判断してください。

行事・暦

小暑 (7/7)6:51
二十四節季の第11。梅雨明けが近づき、厚さが本格的になる頃。七夕のころ。
「暑中見舞い」はこの時期より、出し始める。(正式には、大暑から)

海の日 (7/13)
国民の祝日。7月の第3月曜日。
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とした祝日。

夏の土用 (7/19〜8/6) 間日 [卯・辰・申の日](7/20・27・28・8/1)
土用とは土旺用事の略で、五行説による季節の割り振りで四季に配当(冬:水、春:木、夏:火、秋:金)されなかった「土」の支配する時期として各季節の末18日ないし19日間を指すもの。
現在は夏土用のみを土用と言うことが多い。

土用の丑(7/25)・土用の二の丑(8/6)
夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。
年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあります。この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。

新月 獅子座 7/23 18:46
満月 山羊座 7/9  13:07  *6月9日(日)18:30〜20:30

◆一粒万倍日:7/9・7/18・7/21・7/30・8/2
僅かなものでも、やがて時が来れば増え、多くの数を生み出す例え、何事をするにもその首尾結果が吉の日であるとされています。良くも悪くも、後で多くの数に増え我が身にかかってくるという意義を含みます。
◆天道・天徳 :
天の運行に従い、天の福徳に沿わせる方位、吉方の気を扶助し、凶の気を転化します。
◆天赦日 : 
天が赦す(ゆるす)と言う字のごとく、極上の大吉日で特に婚姻に大吉日です。暦注で万(よろず)良しとされるのは、この日に限ります。

今月のパワーストーン

★各自オーダーメイドのパワーストーンになります。方位除け、自身の干支の守り本尊、空亡時の守り本尊など彫水晶からお選びください。
★赤・白・黄色 単体色ブレスレット
★今年は陰陽のバランスが大切です。
陰陽(ツートン)ブレスレット こちらも相談の上、石を決めさせて頂きます。


今年のパワーストーンはこちら

各九星の、ここが開運のポイント!

☆ご自身の本命星から、今月の運勢を観てみます☆
→ご自身の本命星を知るにはこちら

印の意味・・・大吉◎◎ 中吉◎ 小吉○ 吉凶混合○× 凶× 大凶××

◆一白水星(△):  2017年の小休止
(東(暗剣)天道 同会8 被同会3 対冲5)

今年の後半において、本来であればアクセルを踏む月なのですが、思ったようには進めないかもしれません。
今年前半を振り返って、達成できたこと、良かった点を感じる一方で、計画倒れになっていることを見直し、後半に照準を合わせましょう。後半は決して、低迷する運勢ではないので、来月から、2017年後編へ繋げるつもりで。今月は、「みちひらき」である猿田彦神社に行ってみるのもよいかもしれません。

◆二黒土星(◎◎):  飛躍の準備はできていますか?
(東南 同会9 被同会4 対冲4)

今月は、大きな引き立てがあるように思えます。今まで取り組んだことが、評価され、飛躍のチャンスを手にする時が来ました。謙遜せず、真正面から受け取るべきでしょう。今年をとおして、特に盛運の時期でもありますので、しっかり享受してください。神仏とのご縁を深める時でもあります。

◆三碧木星(◎×):  キーワードは浄化
(中宮 同会1 被同会5 対冲なし)

今月は、月盤中宮の月になり、成果を感じる人もいれば、うまく成果を感じられない人もいるかもしれません。今年の象意である、「水」の気を生かして、失敗を前向きに浄化し、リセットすることもいいでしょう。浄化力が強いですので、毒だしは、本当に効果がありそうです。自分自身の禊払いも。

◆四緑木星(◎):  地道な仕事こそ、評価される
(北西 同会2(天) 被同会6(破) 対冲2)

今年は、変化の年。年の中盤に差し掛かり、変化・変革の風を感じ始めていると思います。今月が忙しくても、日ごろの地道な仕事が評価されそうです。来年の更なる評価の年を見越して、布石を打っておきたいものです。今年の決断は、今後の生き方に大きな影響及ぼす可能性もあるので、神仏の前で、宣言しておくのもよいでしょう。

◆五黄土星(◎):  ザ・サマーバケーション
(西 同会3 被同会7 対冲1(暗)(天))

タイトルからして、夏のテーマソングが聞こえてきそうですが、今月は、収穫の意味をもつ西遁甲に回座します。サマーバケーションの気分も、後押しして、楽しい夏が過ごせそうです。しっかり、ご褒美を味わってください。コミュニケーションが弾み、そこからご縁が広がりそうなので、言葉遣いは、丁寧かつ慎重に。

◆六白金星(×):  ターニングポイント
(北東(破) 同会4 被同会8 対冲9)

今月は、今年のなかでもターニングポイントとなりそうな月です。ご縁の力で、大きく変化するときですので、受け取る力を身につけましょう。今年の後半の好調期に向けて、チャンスを受け止めるようにし、自分の都合でチャンスから逃げないように。

◆七赤金星(○):  一気に問題噴出
(南 同会5 被同会9 対冲8)

今まで後回しにしていた問題が勢いよく提示される兆しがあります。今月は、避けて通れませんので、真摯に向き合いましょう。準備期間での問題解決は、トライアンドエラーのつもりで、着実に進めるための足掛かりです。神縁が強くなりそうですので、神社参拝はおすすめです。

◆八白土星(×):  十分な健康管理を
(北 同会6(暗) 被同会1(暗)天 対冲7)

今月は何事においても、慎重すぎるくらいで丁度よいでしょう。健康管理は、いつも以上に気を使ってください。特に冷房により冷え過ぎには、要注意です。また、外出先での交通機関での事故にも十分注意してください。海のレジャーでは、予想できないような急展開もあるので、慢心しないように。水回りの掃で気分転換を。

◆九紫火星(◎◎):  入念な準備は成功を導きます
(南西 同会7 被同会2 対冲6(破))

もともと直観力に優れている九紫さんですが、その感覚をいかに地に足の着いたゆるぎないものにするために、今月は、しっかり地道にこなしてください。成功の秘訣は段取りがすべてです。地道な努力の後には、良いタイミングで、良縁を頂けるものです。一生懸命は、素晴らしいことです。外出先での仏閣めぐりを取り入れてみましょう。

 


→ 今月の運勢バックナンバー(ブログ)    → 今年の運勢 

<編集後記>

2017年は、私にとって北遁甲の年となります。気学を学ばれている方であれば、どんな意味を持つかは、想像に難くないと思います。今年に入ってから、私の中に起こった変化として、本を手にする機会が増えています。恥ずかしながら、スキマ時間には、携帯を手にしてしまい、読書の習慣がない!私にとって、北遁甲の象意を感じてなりません。つい最近は、『論語』の現代語訳を読み始め、この古くて現代にも通ずる人生観・道徳観に感服し、活字を追うたびに、腹落ちしています。
六白金星生まれの自分、四緑木星の器用さ・柔軟性が羨ましく感じる時があります。“人を変えることはできないが、自分が変わることはできる”という言葉とおり、今年のテーマでもある「水」の如し、たまには、流されてみることもアリではないか。さらに、内部充実を深め、今後10年間の目標設定と飛躍を目指して、自分に起こった新しい変化を取り込んでいくつもりです。最後に、気学の素晴らしさを伝えてくださる彩祐子先生への感謝の気持ちと、支えてくださるすべての方へ、まごころを込めて

担当:松本 陽子(6-3-9)

ページトップへ

あなたの九星を調べてみましょう

下記の表で、ご自分の生まれた年の一番上の星があなたの本命星です。
※旧暦で見ますので、1月1日から2月立春(2月3日、4日、5日)までに生まれた人は、その前年の星が本命星になります。(例:昭和50年1月28日生まれの方→八白土星)
立春は毎年日にちと時刻が異なりますので、2月3日、4日、5日生まれの方で、ご自分の正しい本命星をお知りになりたい方は、お問合せください。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年
昭和2

1926年
昭和1
1925年
大正14
1924年
大正13
1923年
大正12
1922年
大正11
1921年
大正10
1920年
大正9
1919年
大正8
1936年
昭和11
1935年
昭和10
1934年
昭和9
1933年
昭和8
1932年
昭和7
1931年
昭和6
1930年
昭和5
1929年
昭和4
1928年
昭和3
1945年
昭和20
1944年
昭和19
1943年
昭和18
1942年
昭和17
1941年
昭和16
1940年
昭和15
1939年
昭和14
1938年
昭和13
1937年
昭和12
1954年
昭和29
1953年
昭和28
1952年
昭和27
1951年
昭和26
1950年
昭和25
1949年
昭和24
1948年
昭和23
1947年
昭和22
1946年
昭和21
1963年
昭和38
1962年
昭和37
1961年
昭和36
1960年
昭和35
1959年
昭和34
1958年
昭和33
1957年
昭和32
1956年
昭和31
1955年
昭和30
1972年
昭和47
1971年
昭和46
1970年
昭和45
1969年
昭和44
1968年
昭和43
1967年
昭和42
1966年
昭和41
1965年
昭和40
1964年
昭和39
1981年
昭和56
1980年
昭和55
1979年
昭和54
1978年
昭和53
1977年
昭和52
1976年
昭和51
1975年
昭和50
1974年
昭和49
1973年
昭和48
1990年
平成2
1989年
平成1
1988年
昭和63
1987年
昭和62
1986年
昭和61
1985年
昭和60
1984年
昭和59
1983年
昭和58
1982年
昭和57
1999年
平成11
1998年
平成10
1997年
平成9
1996年
平成8
1995年
平成7
1994年
平成6
1993年
平成5
1992年
平成4
1991年
平成3
2008年
平成20
2007年
平成19
2006年
平成18
2005年
平成17
2004年
平成16
2003年
平成15
2002年
平成14
2001年
平成13
2000年
平成12
2017年
平成29
2016年
平成28
2015年
平成27
2014年
平成26
2013年
平成25
2012年
平成24
2011年
平成23
2010年
平成22
2009年
平成21

ページトップへ

HOMEリンク集 Copyright (C) 2011 flowreading lab. All rights reserved.

 

フローリーディング研究所 フローリーディングロゴの意味 九星気学とは? 当研究所の紹介 講師プロフィール 受講申し込み お問合せ 個人鑑定 フローリーディングメルマガ